コラーゲンとは

 

皆さん、コラーゲンときいて何を真っ先に思い浮かべますか?健康維持や美容のために必要な栄養素で、美肌やアンチエイジングにも効果的など、女性の方には興味深い要素だと思います。実際に食品やサプリメントなどからコラーゲンを積極的に体内に取り入れたり、コラーゲンが含まれる化粧水でお肌をケアしたり、美容意識が高い方々は言われずとも摂取していることでしょう。せっかくですから、コラーゲンについて改めて熟知しておきましょう。基本的な知識として、コラーゲンはタンパク質の一種です。タンパク質はアミノ酸が多数結合したもので、結合の仕方によってその種類や数は膨大にあり、体内に約10万種類あると言われています。その中の約30%がコラーゲンで、コラーゲンはタンパク質のなかでも非常に重要な役割を果たしていることが想像できます。そもそもタンパク質というのは皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、目、毛髪などなど、人間の全身のあらゆる器官や組織に含まれる成分です。細胞と細胞の隙間にあり、細胞同士をくっつける糊のような働きをし、細胞を正しく配列し区画整理する役割も担っています。つまり、タンパク質は細胞と細胞のあいだをつないで体全体、臓器などを形成・維持し、細胞の足場となって細胞分裂や増殖を支えているのです。そのなかでもコラーゲンはタンパク質の中の主役級で、身体内には約6%もの割合で存在しているそうです。美容や健康維持うんぬんという前に、タンパク質そしてコラーゲンは人間が生きていく上で絶対に必要不可欠なものといえるでしょう。

<注目情報>
表参道、原宿、青山から通院しやすい、インプラント治療を行っている歯科医院です →→ インプラント